没後戒名

仏縁なくしてお亡くなりになった方に戒名を授け、仏弟子として御仏に導いていただきたい。と「没後作僧」として葬儀されたといわれています。

葬儀は、急な事で、経験も少なく、何をすればいいかもわからない方が多くあります。

まず、一番は、戒名を授かることです。

49日まで2週間以上あるのであれば、白木位牌を造立されることをおすすめします。

次に、位牌の発注です。位牌は、仏壇店にて職人さん作ってっもらいます。

1週間から10日ほどの日時がかかりますので、早めの手配が大切です。

49日の時間と場所の決定をし、それまでに位牌を作ってもらえるようにしましょう。

菩提寺のある方は、菩提寺さんから戒名を授かりましょう。戒名は、名前を付けるだけでなく、今後の法事(49日・新盆・1周忌・3回忌など)もお願いすることになります。