亡くなってからの戒名

戒名には、どのような意味があるのでしょうか?

戒名とは、仏門に帰依した時に、師匠から授かるものです。

本来は、生前に戒名を授かるものですが、いつしか、死後に授かることが一般的になりました。

戒名自体は、どの宗派も2文字です。

浄土真宗の場合、戒律がありませんので、戒名とは言わず、「法名」といいます。

日蓮宗の場合、法華経を護持することが持戒にまさるということから「法号」といいます。

呼び方は違っても、どの宗派に共通しているのは、2文字であるということです。

そして、宗派によって、その特徴があります。

戒名(かいみょう)は、仏教において受戒した者に与えられる法名の事です。

仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられる。

上座部仏教と大乗仏教の両方で行われており、多くの場合、出家修道者に対して授戒の師僧によって与えられる。上座部では出家後に南伝仏典に残る阿羅漢に変名するため、その意味で「法名」と呼ぶ。


また、仏弟子として新たに身につける真の名前という意義から「法諱」(ほうい、ほうき)[1]ともいった。


また日本においては、死生観の変化により死後に成仏するという思想のもと、故人に戒名を授ける風習が生れた。(「成仏#日本文化のなかでの「成仏」」を参照。)

死後の戒名は、特に日本において盛んに行われている。寺に支払った金額によって戒名のランクが変化する。(wikiより)

 

全日本仏教会からも冊子が発刊されています。

DSC05375

戒名料とは、「御布施」であって、料金ではありません。

しかし、お気持ちが一番困る事から、一般的な相場があります。

また、戒名に関する本が多数発刊されています。

daioujyou DSC05366 bouzu DSC05380 DSC05379 2015-09-06-14.49.55DSC05371 DSC05376  DSC05374 DSC05373 DSC05382  kokoga sousiki sousikibook  kaimyoubook12

戒名相場

宗派  /信士・信女 / 居士・大姉/院信士・院信女/ 院居士・院大姉


曹洞宗  30万円~     50~70万円   100万円~
真言宗  30~50万円   50~70万円   80万円~ 100万円~
天台宗  30~50万円   50~70万円   80万円~ 100万円~
浄土宗  30~40万円   50~60万円   70万円~ —
臨済宗  30~50万円   50~80万円   100万円~
日蓮宗  30万円~          50万円~   100万円~

浄土真宗   釋○○             ○院釋○
        20~30万円         50万円~ 1000万円

全国平均は、51万4千円 平成25年8月17日読売新聞(日本消費者協会のアンケート2010年)

 

戒名とは、授戒・灌頂・得度などの儀礼を受けて仏門に帰入した者に与えられる法名を言う。

インドでは出家剃髪して三衣を着すれば、みな、沙門・釈氏といって、特別に法名を用いず、俗名のままであった。しかし、中国や日本では、受戒して沙門となり教団に加入すれば戒法を持して犯さない事を誓約し、すでに平俗の人でないという意味で、俗名を改めて法名を用いることが早くから行われた。

戒名がないとどうなるの?

hasu1戒名は、仏弟子としての大切な名前です。

キリスト教であれば、キリストのいる神の国「天国」に生まれ変わる事を願います。

仏教であれば、ご先祖と同じ仏さまの浄土を願います。

戒名がなければ、どこに行けば良いのでしょうか?

戒名がないと位牌が造れない。

image[1][1]

通常、49日に白木位牌から塗の位牌「本位牌」に変更されます。

またお墓のある方は、49日に納骨をされます。

位牌や墓石に戒名を刻む為には、10日ほど余裕が必要になります。

戒名がないと、位牌や墓石に刻むことが出来ません。

戒名のランクはどうすれば?

戒名のランクというか種類があります。

一般的な戒名は、信士・信女です。

俗に、良い戒名といわれるのが、居士・大姉

世の中の為に尽くしてこられた立派な戒名は、院号がつきます。

戒名に差別はありませんが、人間社会の習俗の中から生まれていることから、いつしかランクと言われるようになりました。

もっとも昔は身分制度が厳格だったことから、そのような不満もなかったと想像します。

両親に院号がある場合

 

両親と同じお墓に入るのであれば、同じような戒名がふさわしいです。

子孫が先祖を超えて繁栄することは喜ばしいことですが、先祖に院号があるのに今度入る両親には院号がないとなると、肩身が狭いという俗的な考えもあります。ちょっと無理してでも、先祖の戒名に合わせて授かるのが親戚一同が納得する事でもあります。

伴侶に院号がある場合

先に亡くなった伴侶に院号がある場合、同じ戒名が求められます。

奥様が院号なのに、後から亡くなったご主人には院号がないとなると夫婦が釣り合わなくなります。

仲の良かったご夫婦であればなおの事 同じ戒名を授かる事を強くお勧めします。

takuhatu

戒名は授かって終わりではありません。

菩提寺のある方は、菩提寺より戒名をお授かりください。

戒名料というものはありません。檀家さんみなさんお寺です。

 

菩提寺のない方は、葬儀社さんや仏壇屋さんからご紹介になるといいでしょう。

その際に、評判を聞いておかれるといいでしょう。

家の近所だから・・・などといった安易な理由だと、こんなはずではなかったと後悔される方もあります。

御住職がどのような方なのか?お寺の評判が大切です。

 

もしくは、インターネットから戒名を授かることも出来ます。

 

 

戒名は、どのお寺も同じではありません。将来の事も考えて、よく、ご住職と相談の上お授かりになってください。

本寿院 戒名の会 

円宗院 神奈川戒名の会

広徳寺 埼玉戒名の会

尊星王院 日光戒名の会

関西戒名の会

日本生前戒名推進会

お坊さん.jp

お坊さん便

てらくる 

おぼうさん.com

戒名は、文字を集めたものではありません。それであれば、小学生でもできます。

戒名は、仏弟子としてとても大切なものです。

どのお寺の誰から授かるのか?

ご注意、僧侶の資格がないニセ坊主など、くれぐれもご注意ください。

また、戒名は授かったけれど、法事をお寺でできない場合もあります。